2008年 03月 12日

A16で花撮り

f0072758_21211017.jpg

【 α200+TAMRON AF17-50mm F2.8 XR DiⅡ:F4.0 1/1,250秒 絞り優先AE ISO100 】
 土手沿いを散歩しながら見かけたお花たちを撮ってみました。淡いピンクの色合いが青空にマッチしますね。^^

f0072758_21225310.jpg
【 α200+TAMRON AF17-50mm F2.8 XR DiⅡ:F4.0 1/1,600秒 絞り優先AE ISO100 】
 こうやって群生している花を見るとボケ具合を試したくなります。^^;
A16のボケはあまり煩くならないのがよろしいですねぇ。

f0072758_21252769.jpg
【 α200+TAMRON AF17-50mm F2.8 XR DiⅡ:F4.0 1/640秒 絞り優先AE ISO100 】
 このクッキリハッキリ感はα200の特性ですね。コニミノの味付けとは異なる描写ですが、好みの
分かれるところかもしれません。第一印象的には好ましいのかもです。

by slowhanded | 2008-03-12 21:28 | Flowers | Comments(9)
Commented by funamyu at 2008-03-12 22:38 x
春ですねえ。
世の中はすっかり春です。
私にはなかなか来ませんけど。(笑)
α200の描写も大好きです。好ましく感じます。
A16のボケもなかなか美しいですね。
さてっと、仕事の続きしようっと。
Commented by おいら at 2008-03-12 23:41 x
 こんばんは。最後の写真、思わず、「わ、わ、わぁ!」と叫んでしまいま
した、広角の特徴を生かした絶妙な構図と目が覚めるような発色に。
確かに、僕もコニミノのナチュラルな色が大好きなので、このような色に
は抵抗も無きにしも非ずですが、一般受けはするでしょうね。
それにしても、このレンズ、ボケも抜群ですね。タムロンは二本続けて裏
切られてるので、毛嫌いしてましたが、考え直すべきかもです。
Commented by mitiko-aran at 2008-03-13 09:05
おはようございます
青い綺麗な空に梅の枝?桃かな?綺麗ですね、
二枚目も小花なのに、
凄いです、真ん中の花にピントを合わせるのですね、
群集の花を写すのが苦手ですが練習しないと、、、
黄色の花は見ているだけで、元気を頂けます、
今から、仕事です、筆を持つのが最近、億劫です
Commented by ももすけ at 2008-03-13 12:18 x
綺麗ですね~^^癒されますね。

真ん中の花は、私が好きな小手毬の花ですね!
私の近所には自生してるとこ見つけられないんですよ^^;
いいな~♪
Commented by floreta at 2008-03-13 21:29
春うらら~♪
私も偶然ですが梅でーす(笑)
やはりこちらの梅はかわいいですね★
Commented by slowhanded at 2008-03-13 21:32
> funamyuさん
3月の声を聞いてから一気に暖かくなったような気がします。^^
α200&A16はなかなかのマッチングですねぇ。
α350だと1,400万画素もある分レンズとの組み合わせも
問われるとか。これくらいがほどほどですかな?^^;

> おいらさん
α200の発色は抑えめにしても目を奪われる鮮やかさが
ありますねぇ。(;・∀・)
タムのA09・A16、それにマクロの272E・B01はなかなか
の写りではないかと。^^

> アランさん
おそらく梅ではないかと。。。^^;
おら、お仕事が忙しいからですかねぇ。
気分転換をしながらがんばってくださいね。
Commented by slowhanded at 2008-03-13 21:33
> ももすけさん
おぉ、小手毬というおはなですか。φ(□□ヘ)メモメモ
白いランタナかなと思っちゃいました。(爆)

> フロリさん
お、そうなんすか?^^
んでは、後ほど伺いますね。ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
Commented by Con-Nature at 2008-03-13 22:07
ご無沙汰しています<(_ _)>
春の暖かい日差しが感じられます。
さすが静岡・・・
Commented by slowhanded at 2008-03-13 22:28
> Con-Natureさん
お、一区切りつきましたか?^^
晴天の日中は春らしい陽気となる日が多くなってきました。
が、そうなると花粉も飛びまくりで。。。(*`<´)・:∴ ヘーックシ!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< うつらうつら。。。      続 追ウモノ・追ワレルモノ >>